ヨモギ

ヨモギ

ヨモギ

日当たりのよい道端や野原に自生する日本原産の多年草。

葉は深く切れ込んだ形をしており、表面は緑色、裏面は白い綿毛がある。

秋頃に茎の上部に穂状の黄色の小さな花をつける。

若芽には特有のいい香りがあり、草餅や笹団子に使用する。

ハーブの女王
漢字
別名もぐさ、もちぐさ、やいとばな、やいとぐさ
のもちぐさ、よごみ、だんごぐさ、えもぎ
ふつ、フーチバー
学名Artemisia indica var. maximowiczii
分類キク科ヨモギ属
地方名九州では「ふつ」、沖縄では「フーチバー」
主な産地日本全国
お灸で使用されるもぐさは、北陸産が多い。

ヨモギ2
スポンサードリンク



★採取場所

川の堤防の土手、田んぼの畦道、道端など、どこにでも生えています。

★旬の時期

葉(食用)3月~5月

花9月~10月

★選び方、採り方のポイント

裏に白い綿毛が付いてて、4~5cmのものが食用向きです。

根本からハサミやナイフで刈り取りましょう。

★下処理、アク抜き

水で洗い汚い葉や、ゴミ、太めの茎は、取り除きます。

熱湯に重曹を入れ、3分程煮ます。

水につけて、アクを抜きます。しばらく水にさらしておいて、水を換えて5回位繰り返します(きれいな緑色の水になるまで)。

★保存方法

短期保存:よく水で洗い、冷蔵庫で保存する。

長期保存:下茹でしてからフードプロッセッサーなどでペースト状にしてから冷凍庫で保存する。

おすすめの食べ方

草餅、天ぷら、ごまあえ、酢みそあえ

おすすめレシピ

ヨモギの成分

出典 五訂日本食品標準成分表

よもぎ・葉-生
100g当たり
エネルギー(kcal)46.0
水分(g) 83.6
たんぱく質(g) 5.2
脂質(g) 0.3
炭水化物(g) 8.7
食物繊維(g)7.8
水溶性食物繊維(g)0.9
不溶性食物繊維(g)6.9
レチノール当量(μg) 890
カロテン(μg)5300
ビタミンE(mg) 3.2
ビタミンK(μg) 340
ビタミンB1(mg) 0.19
ビタミンB2(mg) 0.34
ビタミンB6(mg) 0.08
葉酸(μg) 190
ナイアシン(mg) 2.4
パントテン酸(mg) 0.55
ビタミンC(mg) 35
ナトリウム(mg) 10
カリウム(mg) 890
カルシウム(mg) 180
マグネシウム(mg) 29
リン(mg) 100
鉄(mg) 4.3
亜鉛(mg) 0.6
銅(mg) 0.29
マンガン(mg) 0.84

出典 五訂日本食品標準成分表

よもぎ・葉-ゆで
100g当たり
エネルギー(kcal) 42.0
水分(g) 85.9
たんぱく質(g) 4.8
脂質(g) 0.1
炭水化物(g) 8.2
食物繊維(g)7.8
水溶性食物繊維(g)0.9
不溶性食物繊維(g)6.9
レチノール当量(μg) 1000
カロテン(μg)6000
ビタミンE(mg) 3.5
ビタミンK(μg) 380
ビタミンB1(mg) 0.08
ビタミンB2(mg) 0.09
ビタミンB6(mg) 0.04
葉酸(μg) 51
ナイアシン(mg) 0.5
パントテン酸(mg) 0.13
ビタミンC(mg) 2
ナトリウム(mg) 3
カリウム(mg) 250
カルシウム(mg) 140
マグネシウム(mg) 24
リン(mg) 88
鉄(mg) 3.0
亜鉛(mg) 0.4
銅(mg) 0.28
マンガン(mg) 0.75

スポンサードリンク