ヨメナ

ヨメナ

道端や空き地などで自生していて、よく見かける野菊の一種。


若芽の時期をヨメナといい、秋に花をつけたら野菊と呼ばれる。


ほとんど無毛で、茎が赤紫色、葉の縁が浅いギザギザ、葉裏はザラザラしている。

隠れた美しさ
漢字嫁菜
別名かんとうよめな、おはぎ、のぎく、うはぎ
学名Aster yomena
分類キク科ヨメナ属
地方名カントウヨメナ(関東、東北地方)
主な産地山形や北海道産が市場に出回りやすい。

スポンサードリンク



★採取場所

市街地の空き地

道端

土手

★旬の時期

若芽3月~5月

花期7月~10月

★選び方のポイント

葉が鮮やかな緑色の草丈5cm位の若芽

★採り方のポイント

茎の柔らかいところから折り取る。

★アク抜き

沸騰したお湯に多めの塩を入れてサッと茹でる。

冷水に10分程さらすとアクが抜けます。

★保存方法

摘んできたら早めにアク抜き(放っておきとアク強くなる)をして、冷蔵庫や冷凍庫で保存する。

おすすめの食べ方

ヨメナご飯、お浸し、和えもの、天ぷら

おすすめレシピ

ヨメナの成分

出典 五訂日本食品標準成分表

ヨメナ 
エネルギー(kcal)46.0
ビタミンE(mg)4.1
ビタミンK(μg)440
ビタミンB1(mg)0.23
ビタミンB2(mg)0.32
ビタミンB6(mg)0.10
葉酸(μg)170
ナイアシン(mg)3.2
パントテン酸(mg)0.50
ビタミンC(mg)42
カロテン(μg)6700
レチノール当量(μg)1100
ナトリウム(mg)2
カリウム(mg)800
カルシウム(mg)110
マグネシウム(mg)42
リン(mg)89
鉄(mg)3.7
亜鉛(mg)0.7
銅(mg)0.24
マンガン(mg)0.78

スポンサードリンク