ヨブスマソウ

ヨブスマソウ

独特のクセと香りがあり、とても人気がある山菜。

大きな三角形の葉をつけ、茎の中が空洞になってるのが特徴的で、成長すると葉柄は草丈2m程、葉は40cmになります。


各地方によって色々な呼び名があるヨブスマソウ、よくイヌドウナと一緒にされる事がありますが、イヌドウナはヨブスマソウの変種で正確には別物です。

高級山菜
漢字夜衾草
別名ぼんな
ほんな
どうな
学名Parasenecio hastatus (L.) H.Koyama subsp. orientalis (Kitam.) H.Koyama
分類キク科コウモリソウ属
主な栽培産地北海道、東北地方、長野
地方名ほんな(秋田)
ぼんな(山形、岩手)

スポンサードリンク



★採取場所

山林や渓谷沿いの湿った場所に自生しています。

★旬の時期

5月~6月

花期8月~10月

★選び方、採り方のポイント

葉が巻いてる太い茎の若芽を選びましょう。

成長してしまうと独特の香りが強くなるので、高さ30cm迄のものを選び、軽く曲げ折れるところで折り採ります。

★下処理

沸騰したお湯に塩を入れて2~3分茹で(歯ごたえを楽しむために多少固め)冷水にさらし皮を剥く。

※天ぷらにする場合は、水で洗い生のまま。

★保存方法

短期保存:濡らした新聞紙などに包み冷蔵庫で保存。下処理したものを保存容器に入れ冷蔵庫で保存。

長期保存:塩漬け

おすすめの食べ方

和えもの、煮物、天ぷら

おすすめレシピ

スポンサードリンク