スイバ(ソレル)

スイバ(ソレル)

日本各地に自生している雌雄異株の多年草。

葉を噛むと酸味があるので、スイバ(酸い葉)という名の由来になっています。

日本では雑草として知られていて、除草の対象になる事が多いが、海外ではソレル(ハーブ)という名で料理に利用されています。

※食用で利用する場合は、シュウ酸を多く含んでいるので、一度に食べすぎないようにしましょう。

花言葉は「愛情」「親愛」
漢字酸い葉
別名スカンポ、スカンパ
学名Rumex acetosa
分類タデ科ギシギシ

特徴的な矢尻型の葉

スポンサードリンク



★採取場所

日本各地の日当たりの良い畦、道端、土手、野原などに自生しています。

★旬の時期

11月~5月

花期5月~8月

★選び方、採り方のポイント

除草剤などの薬剤が撒かれてなさそうな場所を選び、春は柔らかい若葉冬は赤い葉を摘み採ります。

 

★下処理

水で洗い、沸騰したお湯に入れ、サッと茹でます(沸騰したお湯をかけるだけでもよいです)。ザルに上げて水分を切り、粗熱をとってからおひたしや和えものに利用しましょう。

※生食の場合は、水で洗い、しばらく水につけてさらし、水分を切ってから利用しましょう。

★保存方法

洗わずに新聞紙やキッチンペーパーで包み、保存袋などに入れ、冷蔵庫で保存します。(短期間しか保存に向かないので早めに消費しましょう)

おすすめの食べ方

サラダ、和えもの、酢のもの、椀の種

おすすめレシピ

スイバのゴマ味噌和え
スイバのゴマ味噌和え

料理名:味噌あえ
作者:*和土*

■材料(4人分)
スイバの若菜 / 70g
ゴマ / 大さじ1
味噌 / 大さじ2
ごま油 / 小さじ1

■レシピを考えた人のコメント
スイバの若菜を火入れせず頂きます。
苦味なく、早春の味です。

詳細を楽天レシピで見る

スポンサードリンク