ノビル

ノビル

日当たりの良い川岸や空き地などで自生している1番身近な山野草。


ネギ臭があり、地下に約2cmの鱗茎(球根)がある。


5月~6月ごろに白紫色の花をつけ、開花せずにムカゴになるものが多く、
秋になってこぼれ落ちて繁殖する。

野の蒜
漢字野蒜
別名ののひろ、ののねぎ、のびろ、ねびる、たまひろ
すてこびろ、あさつきびる、こじきねぎ
学名Allium macrostemon
分類ユリ科ネギ属
地方名ノンノヒロ(福島)、ノノヒロ(栃木)
ネンブル、ネンボロ、ネンビロ(長野の一部)
主な栽培産地北海道、宮城、山形など

スポンサードリンク



★採取場所

道端、畦、土手、農地、雑木林、川岸

★旬の時期

3月~5月

花期5月~6月

★選び方のポイント

茎が太く、葉が鮮やかな緑色なもの。

★採り方のポイント

根本を掴んで引き抜くか、スコップなどで鱗茎(球根)を傷つけないように掘り採る。

★下処理

生食:根も食べられるので全体を水洗いします。鱗茎から3~5cm位に切り、根が苦手な方は根を切り落として、鱗茎が傷んでいたら薄皮を剥きます。

和えもの:水で洗い、切ったものを熱湯でサッと茹でます。冷水に数分さらしてから、水分を絞り調理します。

★保存方法

土や泥を落として、保存袋や保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。

長期間保存するなら醤油漬けや甘酢漬けにすると良い。

おすすめの食べ方

茹でて和えものや炒めもの
ぬた、卵料理、雑炊

おすすめのレシピ

ノビルの成分

出典 五訂日本食品標準成分表

のびる・りん茎葉-生100g当たり
エネルギー(kcal)65.0
水分(g)80.2
脂質(g)0.2
炭水化物(g)15.5
食物繊維(g)6.9
水溶性食物繊維(g)3.3
不溶性食物繊維(g)3.6
廃棄量(%)20
レチノール当量(μg)130
カロテン(μg)810
ビタミンE(mg)1.3
ビタミンK(μg)160
ビタミンB1(mg)0.08
ビタミンB2(mg)0.22
ビタミンB6(mg)0.16
葉酸(μg)110
ナイアシン(mg)1.1
パントテン酸(mg)0.29
ビタミンC(mg)60
ナトリウム(mg)2
カリウム(mg)590
カルシウム(mg)100
マグネシウム(mg)21
リン(mg)96
鉄(mg)2.6
亜鉛(mg)1.0
銅(mg)0.06
マンガン(mg)0.41

スポンサードリンク