チシマザサ(ネマガリダケ)

チシマザサ(ネマガリダケ)

チシマザサ(ネマガリタケ)

北海道、本州の中部より北方面に自生している常緑のササ類。

スーパーなどで「ネマガリダケ」という名称で販売されているが、正式名称は「チシマザサ」。

高さ2mほどに伸び、稈は基部が曲がって斜めに立ち、太さは2cmくらい、節間は短い。稈の先端で枝分かれし、数枚の葉をつける。葉は長さ10cm~20cm、緑色で光沢があります。

タケノコの中で1番美味しい
漢字千島笹
別名ネマガリダケ、クマイザサ、チゴダケ、ジタケ、ヤマダケ
学名Sasa kurilensis
分類イネ科ササ属

スポンサードリンク



★採取場所

1000m前後の山の斜面に群生している事が多い。

★旬の時期

5月~7月

★採り方のポイント

春に地面から10cm~15cmくらい伸びた太いもの。

根本を起こすようにひねって折り採りましょう。

※竹藪の中に入るので、長袖、長ズボンで肌を守り、目を守る為のゴーグルがあると便利です。

★下処理

採れたては早めに下処理しないとアクが強くなります。

ゴミや汚れを取り除き、固い根本部分を包丁で切り落とします。

熱湯を沸かして塩を入れ、細いものなら8分くらい、太いものなら10分くらい茹でます。時々混ぜて下さい。

茹であがったら冷水で冷やし、ピーラーなどで皮を剥きます。

★保存方法

短期保存:保存容器に下処理したネマガリダケと全部浸かるくらいの水を入れ、冷蔵庫で保存します。

長期保存:密閉できる容器(ガラス瓶やペットボトルなど)に塩と水を入れ、よく混ぜます。互い違いになるように下処理したネマガリダケを入れて、完全に塩水に浸かるようにします。蓋を締めて冷蔵庫で保存しましょう。

おすすめの食べ方

天ぷら、和えもの、煮物、炒めもの、炊き込みご飯、椀の種

おすすめレシピ

サクッと細竹の子の天ぷら
サクッと細竹の子の天ぷら

料理名:天ぷら
作者:ブルーボリジ

■材料(3人分)
細竹の子 / 正味200g
☆天ぷら粉 / 50g
☆水 / 30cc~
☆味塩コショウ / 5振り位
揚げ油 / 適宜

■レシピを考えた人のコメント
細竹の子は根曲がり竹とも呼ばれ、なんたって天ぷらが一番美味しいかも。追記・下味を付けた水煮の竹の子を揚げても。

詳細を楽天レシピで見る

信州の郷土料理☆根曲がり竹とサバ缶のみそ汁
信州の郷土料理☆根曲がり竹とサバ缶のみそ汁

料理名:根曲がり竹とサバ缶のみそ汁
作者:信州ポーク

■材料(4人分)
根曲がり竹 / 8本程
鯖の水煮缶 / 1個
玉ねぎ / 1/2個
卵 / 1個
味噌 / 適量
水 / 600CC
小ねぎ / 適量

■レシピを考えた人のコメント
筍とサバ缶の相性はバツグンです!!中でも根曲がり竹はベストです。根曲がり竹は、アク抜きも必要ないのでとっても簡単です。

詳細を楽天レシピで見る

根曲がり竹の煮物
根曲がり竹の煮物

作者:きゃりこ9039

■材料(2人分)
根曲がり竹 / 10本
小揚げ / 1枚
☆だしのもと / 大さじ1/2
☆醤油 / 大さじ1
☆酒 / 大さじ2
☆砂糖 / 小さじ1

■レシピを考えた人のコメント
根曲がり竹と油揚げが美味しいです。

詳細を楽天レシピで見る

ネマガリタケの炊き込み御飯
ネマガリタケの炊き込み御飯

料理名:炊き込み御飯
作者:nojimoo

■材料(3〜5人分)
米 / 2合
ねまがりたけ(水煮) / 150g
にんじん / 1cmくらい
水 / 320cc
醤油 / 大さじ1.5
酒 / 大さじ1
塩 / 少々
顆粒カツオだし / 小さじ1

■レシピを考えた人のコメント
水煮を使うので簡単に出来ます

詳細を楽天レシピで見る

焼きトウモロコシみたいです☆細竹の子のホイル焼き
焼きトウモロコシみたいです☆細竹の子のホイル焼き

料理名:ホイル焼き
作者:ブルーボリジ

■材料(2人分)
細竹の子(根曲り竹) / 正味200g
バター / 20g
味塩コショウ / 少々

■レシピを考えた人のコメント
焼き立ての香りは正に焼きトウモロコシ、味も山のトウモロコシといった感じです。皮剥きがメンドイと思っても食べてみる価値あり♪

詳細を楽天レシピで見る

スポンサードリンク