キクイモ

キクイモ

北アメリカ原産の帰化植物。

メディアでも紹介されたスーパーフード

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいて、特に注目なのがイヌリンです。

イヌリンは膵臓から出る体内ホルモンの一つ、インスリンと同じような効果があると言われています。

江戸時代末期に食用や飼料作物として渡来した、繁殖力が旺盛で要注意外来種に指定されています。

草丈は1.5m~3m、秋になると菊に似た黄色い花をつけ、花の咲き終わるころには地中にショウガに似た塊茎ができます。

天然のインスリン
漢字菊芋
別名からいも、ぶたいも
学名Helianthus tuberosus
分類キク科ヒマワリ属
主な栽培産地北海道、青森、秋田、長野
岐阜、埼玉、茨木、愛知、徳島

キクイモの塊茎

スポンサードリンク



★採取場所

市街地の空き地

山林の周り

土手

河原

★旬の時期

11月~3月

花期9月~10月

★選び方のポイント

全体に丸みがあり、塊茎が柔らかくなく固いもの

★採り方のポイント

花や茎が枯れたら土から掘り上げる

★下処理

水で土を洗い流し、タワシで細かい汚れを洗い、茎が繋がっていた部分を切り落とします。

皮は剥かなくても食べられます、好みで剥く、剥かないでいいと思います。

★保存方法

短期保存:土が付いたまま濡らした新聞紙などに包み、冷蔵庫で保存します。

長期保存:土の中に埋めて、土中で保存します。

おすすめの食べ方

スライスフライ

煮物

和えもの

炒めもの

漬け物

おすすめレシピ

キクイモの成分

出典 五訂日本食品標準成分表

キクイモ・塊茎-生 100g当たり
エネルギー(kcal)35.0
水分(g)81.2
たんぱく質(g)1.9
脂質(g)0.2
炭水化物(g)15.1
ビタミンE(mg)0.1
ビタミンB1(mg)0.07
ビタミンB2(mg)0.05
ビタミンB6(mg)0.05
葉酸(μg)7
ナイアシン(mg)1.7
パントテン酸(mg)0.41
ビタミンC(mg)12
ナトリウム(mg)2
カリウム(mg)630
カルシウム(mg)13
マグネシウム(mg)13
リン(mg)55
鉄(mg)0.2
亜鉛(mg)0.3
銅(mg)0.16
マンガン(mg)0.05

スポンサードリンク