ギシギシ

ギシギシ

日本各地に自生していて、雑草として知られている多年草。道路の端で一度は見た事があると思います。

茎を1m程伸ばす大型の植物、葉が長楕円形で縁は波を打ったような特徴があります。若芽は食用になり、古くから根は薬用に利用されてきました。

日本では雑草として扱われ、除草の対象になる事が多い。

※食用で利用する場合は、シュウ酸を多く含んでいるので、一度に食べすぎないようにしましょう。

ごく普通の雑草
漢字羊蹄
別名おかじゅんさい、うますかんぽ
学名Rumex japonicus
分類タデ科ギシギシ属

スポンサードリンク



★採取場所

日本各地の湿った野原、道端、畦、河原などに自生してます。

★旬の時期

11月~4月

花期5月~8月

★選び方、採り方のポイント

除草剤などの薬剤が撒かれてなさそうな場所を選び、株の中心部に薄い膜で包まれた若芽を、ハサミやナイフなどを使って、切り採りましょう。

★下処理

水で洗い、薄い膜を取り除きます。

熱湯に入れて柔らかくならない程度に茹でて、水につけてしばらくさらします。水気を切って料理に利用しましょう。

 

おすすめの食べ方

椀の種、酢の物、和えもの

おすすめレシピ

スポンサードリンク