ドクダミ

ドクダミ

ドクダミ

北海道~九州の陰地に自生している多年草。

薬効が多いことから十薬(ジュウヤク)という別名があり、葉を火で炙り、虫刺されやはれものなどの治療に使われていた。

草丈10cm~50cmと生育する場所で違いがあり、茎は1本~3本の枝になり、葉はハートに似た形をしている。独特な臭気を嫌う人が多いが、夏につける白い花は可愛らしい。

最近では除草や地区開発などの影響で見かけなくなってきた。

花言葉は「野生」「白い追憶」
漢字蕺草
別名ジュウヤク、ドクダメ、ギョセイソウ、ジゴクソバ
学名Houttuynia cordata
分類ドクダミ科ドクダミ属
主産県長野県(15,573 kg)

ドクダミの花

ドクダミの花

スポンサードリンク



★採取場所

日の当たりにくい山林、庭先、道端、公園、神社、お寺などに自生しています。

★旬の時期

5月~7月

花期:6月~7月

★選び方、採り方のポイント

除草剤などの薬剤が撒かれてなさそうな場所を選び、葉の色が変色してないもの。

春から夏にかけて、根本の少し上から摘み取りましょう。

★下処理

水洗いで土やゴミを洗い流します。

生食天ぷらはそのままで。

和えものおひたしにする場合は、水に浸し、1日位何度か水を換えながら晒してアクを抜きましょう。

★保存方法

短期保存:乾燥しないように、保存袋などに入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

長期保存:適度な量を紐で縛り、束にする。風通しのよい場所を選び、吊り下げておくか、平たいザルや新聞紙などに広げ、乾燥させます。カラカラになったら、お菓子などに入っている乾燥剤と一緒に容器に入れ、保存しましょう。

おすすめの食べ方

天日干しにしてお茶、天ぷら、和えもの、おひたし、椀の種

おすすめレシピ

体調管理茶
体調管理茶

料理名:どくだみ入り麦茶
作者:いままでとはちがう私

■材料(やかん一杯人分)
麦茶 / 大1
どくだみ / 一つかみ

■レシピを考えた人のコメント
40年ほど続けています。
そのせいかどうか わかりませんが 子供たちも 皆勤賞をいただいています

詳細を楽天レシピで見る

美容と健康に どくだみの天ぷら
美容と健康に どくだみの天ぷら

料理名:どくだみ天ぷら
作者:ぱぷぺぽ

■材料(1人分)
どくだみの葉(新芽) / 4,5枚
小麦粉 / 適量
冷水 / 適量
揚げ油 / 適量

■レシピを考えた人のコメント
にきび改善、便秘解消など高い効能をもつと言われているどくだみ。庭に生えていたら見逃してはもったいない!新芽ならば臭いもそこまで気になりません。

詳細を楽天レシピで見る

どくだみの酢味噌かけ
どくだみの酢味噌かけ

作者:yukkiy8

■材料(1人分)
どくだみの葉っぱ / 20枚
A味噌 / 大さじ1
A酢 / 大さじ1
A砂糖 / 大さじ2分の1

■レシピを考えた人のコメント
しっかり水にさらせばアクが抜けます。

詳細を楽天レシピで見る

スポンサードリンク