アマドコロ

アマドコロ

北海道~九州に自生している多年草。

高さは80cm程になり、茎には稜(りょう)と呼ばれる出っ張りがあり、角張っています。上部は弓状に曲がり、葉は長楕円形。

4月~5月ごろ、互生する葉のつけねから、ベル状の花を1~2個、吊り下げたようにつけます。

 

※花がない若芽の時期に、有毒のホウチャクソウと間違いやすいので注意が必要です。

ホウチャクソウ

花言葉は「元気を出して」「心の痛みのわかる人」「小さな思い出」
漢字甘野老
別名ナルコラン、ナルコ、ヘビユリ、イズイ、ヤマドロ
学名Polygonatum odoratum
分類ユリ科アマドコロ属

ナルコラン

葉に斑入りのアマドコロ、別名がナルコランです。

主に食用ではなく観賞用として販売されています。

スポンサードリンク



★採取場所

山林や山の土手の木陰などに自生しています。

★旬の時期

4月~5月

花期4月~5月

★選び方、採り方のポイント

葉が開いていない若芽、根本が白く、変色していないものを選びましょう。

野生のアマドコロは貴重な野草なので、根は堀り採らず、ねぎわの白い部分から折り採るか、ナイフなどで切り採りましょう。

★下処理

汚れやゴミを水洗いで取り除きます。

沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、1~2分茹でます。ザルに上げて水分を切り、しばらく水に浸けてさらしま(葉に少し苦味があるので、苦味が苦手なら水にさらす時間をのばします)

ザルに上げて水分を切り、おひたしや和えものに利用しましょう。

※炒めもの、天ぷらにする場合は、水洗いだけです。

 

★保存方法

短期保存:乾燥しないように、濡らした新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫で保存する。

長期保存:沸騰したお湯で固茹でにし、水気を切り、ジップロックや保存容器などに入れて冷凍庫で保存する。

おすすめの食べ方

和えもの、おひたし、酢のもの、炒めもの、椀の種、天ぷら

おすすめレシピ

スポンサードリンク